2010年12月17日「たゆたうた」

主催:田中悠美子(義太夫(太棹)三味線 奏者)

tayutauta

協賛:アサヒビール株式会社
演出協力・広報協力:ステーション
会場:アサヒ・アートスクエア

出演(敬称略)

田中悠美子
(構成・演出・作曲/義太夫三味線・新エレキ三味線・声・動き・人形操作)
鈴木ユキオ(ダンス)
大友良英(ギター)
山本精一(ギター)
一ノ瀬響(エレクトロニクス)

義太夫三味線、声、身体、人形、エレクトロニックサウンド、映像、照明を駆使したミュージック・パフォーマンス。
音響で参加させていただいたのだが、何を隠そう田中悠美子氏は私にとって雲の上の人であった。
まさかご一緒に仕事をさせてもらえるとは!!
もちろん他の出演者の方々も、スタッフの方々も、各ジャンルで最先端を走り続ける素晴らしいアーティストばかり。
関われば関わるほど、想像力と創造力が掻き立てられる、エキサイティングな作品だった。
音響デザインのプランニングに関しても、かなり私の意見を尊重していただき、限られた環境の中で、イメージに近い空間が出来たと思う。
出演者、スタッフの皆さんに大感謝である。

tayutauta_mix
tautauta_stage

前半は高橋悠治氏・大友良英氏・一ノ瀬響氏への委嘱作品初演ライブと
鈴木ユキオ氏のダンス × プリペアド三味線 × 山本精一氏のギターによる即興ライブ。
一時も気を抜けない空気が漂う中での素晴らしいパフォーマンスだった。

後半は、能『道成寺』、文楽『日高川入相花王』の物語の世界や表現様式を引用しながら、解体、読み換え、再構築された作品で、田中悠美子氏自ら義太夫三味線を弾き語り、人形を操り、動くことでそれらを求心的に体現・統合された「KIYO-HIME」と言う作品。

難しい批評が出来るほど知識が無い私は、ただ一言「カッコイイ!!」としか言えなかった。
密かに再演を熱望する!!!!


mixiチェック ヤバいね!183

2010-12-17 12:30 works kazzy permalink